アフリカ大陸最高峰・キリマンジャロの頂上で朝日に輝く氷河を見る~マチャメルート編~

日程: 2018年12月29日(土)~2019年1月5日(土) 8日間

*日本発着最短日程:2017年12月28日(金)~2019年1月6日(日) 10日間

ツアー費用:US$3,390

予約状況 受付中

中村隊長の初登頂からはや2年。

あの伝説のツアー、今年は催行なるか!お友達をお誘いの上是非お申込みください!!

中村隊長の初登頂からはや2年。

あの伝説のツアー、今年は催行なるか!お友達をお誘いの上是非お申込みください!!


ツアー概要

イベント名 キリマンジャロ
イベントコード klmj1229
定員 11名
催行人数 7名
発着場所 モシ(タンザニア)
参加資格 18歳以上
同行スタッフ 中村隊長
主催 G Adventures
航空券について

ツアー催行決定後、各自航空券の予約をして下さい。

催行が決まり次第、同行スタッフが予約した航空券スケジュールと料金を案内しますので参考にして下さい。

※B:朝食、L:昼食、D:夕食

*日本円レート、お支払方法、キャンセルポリシーなどは「手配料について」を参照ください。

*お申込みの際は必ず「お申込からご出発まで」をお読みください。

※事前振込み制となります。申込完了後お振込みください。

 

地球探検隊では、「連れて行かれる受身の旅行」ではなく、「みんなで創る主体的な旅」を目指します。

地球探検隊の大人の修学旅行における「大人」の定義とは、、、自分で考え、判断して行動できる人と定義します。

 

参加お申込の際には、当社が大切にしている理念&旅のコンセプト25カ条に同意ください。


ツアー日程

1日目

集合日
モシに集合。ホテルへ各自チェックイン。キリマンジャロ空港からの送迎付き。
<ホテル泊>

2日目

キリマンジャロ山へ向かい、低い斜面をハイキングしてマチャメキャンプへ。

<B、L、D ※ 山小屋>

3日目

アルペンの低地平原を通ってシラ第二キャンプへ。キボピークの壮大な景色をご覧ください。

<B、L、D 山小屋>

4日目

シラ第二キャンプから溶岩塔(ラバ・タワー)を経由してバランコキャンプ へ。ウエスタン・ブリーチとブリーチ・ウォールの素晴らしい眺めに圧巻。

<B、L、D 山小屋>

5日目

バランコキャンプからバラフキャンプへ。グレート・バランコ・ウォールを仰ぎながら東の壁を登り、ヘルム氷河の麓を通過します。

<B、L、D 山小屋>

6日目

バラフキャンプから ムウェカキャンプヘ。 ステラ・ポイントを経由し、夜の間に頂上へ登山。山の頂からムウェカキャンプへと下降する前に日の出を見ます。

<B、L、D 山小屋>

7日目

ムウェカキャンプからモシへ。森林を抜け、なだらかな斜面を通ってモシまで降下を続けます。Gアドベンチャーがサポートする地域プロジェクト、モシ女性協同組合(Moshi Women’s Cooperative)よりモシのママたちによる登頂を祝うセレモニーを開催。

<B、L、D 山小屋>

8日目

解散日

各自のスケジュールに合わせて出発。 空港送迎含む。


ツアーに含まれるもの

  • 2泊分のモシホテル代(ツイン相部屋)
  • 5泊分のキャンプ代
  • 朝食7、昼食6、夕食5
  • プライベートミニバス
  • キリマンジャロ入山料
  • キリマンジャロ マチャメルートのガイド付きトレッキング
  • ツアーリーダー
  • トレッキングを通しての山岳ガイド資格者
  • 現地責任者
  • シェフ、ポーター
  • G Adventures 現地サポートプロジェクト”G Adventures for Good”の一環、
  • 「モシ女性協同組合」見学

ツアーに含まれない物

  • 日程表にない食事代(US$70~95程度)
  • 飲み物代
  • 日程上にない観光地入場料
  • オプショナルツアー
  • オプショナル入場料
  • 観光ビザ申請料
  • 海外旅行保険
  • 航空税
  • チップ
  • 渡航費用

こんな方にお勧めです

  • アフリカ最高峰で新年を迎えたい人
  • 登頂した者だけが見れる氷河を堪能したい人(2020年には消滅するかも)
  • 登山を愛してやまない人
  • 登山経験は少ないが、自分の殻を破りたい人
  • 5000m級の山に挑戦したい人
  • 5,895m登頂地点の看板前で記念撮影したい人

持ち物の目安

  • サングラス
  • ビーチサンダル
  • 日焼け止め
  • リップクリーム
  • 薄手の羽織もの(日中の日除けの意味で)
  • マスク(寝ている間の喉の保護)
  • ウェットティッシュ

主催会社 G Adventures

 

 

 

  • 若者向けのYolo (=人生一度きり)ツアーから、クオリティーが光るクラッシック、そしてナショナルジオグラフィック関連プロジェクトや関連研究センターで森林再生活動に参加するツアー、更には小型船でガラパゴスやモルディブなど世界中の大海原を旅するツアーなど、G Adventures独自のルートが自慢のツアーを数多く提供。ファミリーツアーはアジア、中東、そして中南米まで幅広く対応しています。「地球探検隊」はG Adventures が「教育」と「成長」にフォーカスした旅づくりをしてきたことを高く評価し、彼らのプロダクトを日本の皆様に提供できること大きな意義を感じています。イギリス動物行動学者のジェーン・グドール特別監修による野生動物ツアーなど、自然保護と地域活性化、旅の力で世界をより良いものにするためのプログラムを主体としています。
  • このツアーはG Adventures社の“Mt Kilimanjaro Trek – Machame Route (8Days)”をベースに企画された「地球探検隊」限定貸切ツアーです。無事キリマンジャロ登頂からモシに戻った際、G Adventures 現地サポートプロジェクト”G Adventures for Good”の一環である「モシ女性協同組合」のママさんたちが歓迎してくれます。貴重な現地の人々との触れ合いを心に刻んでください。

同行スタッフ紹介

地球探検隊 中村隊長

2015~2016年

年末年始 ロジック泊マラングルートで5.895m登頂。

今年はテント泊マチャメルートにチャレンジしたい!

1961年12月17日 東京生まれ。

83年から旅行会社で国際体験プログラムを担当。

96年3月に体験型の「旅」で日本を元気にする旅行会社、株式会社エクスプローラを創業。

ブランド名(副名称)を「地球探検隊」とする。同社、代表取締役隊長に就任。

 

【地球探検隊】のブランド名で世界各国の多国籍ツアーの予約・販売を行っている。

 

旅のコンセプトは「世界を遊び場に仲間を作ろう!」で

【大人の修学旅行】など大手旅行会社と差別化したユニークな企画で多くのリピーター客を掴んでいる。

 

「非日常」の旅と「新日常」のイベントで日本を元気にする!

「渡航国は60カ国以上」の「旅のプロ」でメールマガジン、ブログの執筆、講演活動も精力的に行なっている。

 

座右の銘は「Out of Comfort Zone」。

 

 

>>中村隊長公式ブログ「ビタミンT」<<


<航空券情報>

  • 東京・カサブランカ往復航空券を購入してください。
  • 午前中にカサブランカに到着する便は、中東経由だとエティハド、
  • ヨーロッパ経由だとエールフランスとなっています。
  • 11月24日8:45 発 エルラシディア(Errachidia)→ カサブランカの片道航空券を追加予約してください。
  •  
  • インターネットで予約手配する場合は、東京・カサブランカ往復航空券を購入した後、
  • 別途 エルラシディア(Errachidia)→ カサブランカの片道航空券を追加予約してください。